HOME > 会社案内 > 沿革

沿革

1909 初代社長玉越吾一が東京浅草鳥越において紙製品製造業として「玉越商店」を創業
1937 二代目社長に玉越善太郎が就任
1941 有限会社玉越商店に組織変更
1942 玉越帳簿印刷株式会社に組織変更
1948 三和紙工印刷株式会社に社名変更
1950 足立区梅田に梅田工場を設立
1955 テーヂー紙製品株式会社に社名変更
1959 紙製品中心の商品構成から、新しい流れへ転換
1961 日本初の透明ポケット式ファイル「ニューホルダー」発売
1964 社名を現行のテージー株式会社とする
「ニューホルダー」のアイディアを利用した、新しい切手帳「スタンプアルバム」を開発し趣味商品の基を作る 「ニューホルダー」「スタンプアルバム」実用新案取得
1965 ホルダーの中袋をポリエチレンからポリプロピレン(PP)へ商品の改良が進む
1968 台東区浅草橋の本社ビル完成
ビスとじの「リッチホルダー」「トップホルダー」発売 「ニューホルダー」のサイズバリエーションを充実 B3、A2のビッグサイズ発売
1972 梅田工場第一期工事完了
1974 梅田工場第二期工事完了
1976 資本金を3,000万円に増資
1977 足立区入谷文紙流通センター内に商品センターを開設
1979 マイホルダー(PP表紙シリーズ)発売
1980 二代目社長玉越善太郎が黄綬褒章を受賞
1981 川口市に倉庫を開設
趣味関連商品充実 「コインアルバム」「コレクションアルバム」等を開発
クリアポケットホルダー類にバインダー式、厚口ホルダー、若者向けのファッションホルダー等を開発
1984 マイホルダーシリーズに横入れタイプの「マイホルダーサイド」を発売 ハガキや名刺といった用途に合わせたホルダーを充実
1985 「スタンプアルバム」が通産省よりロングライフデザイン賞を受賞
特殊メラシート利用の「ファインスクラップ」発売
1987 大阪オフィスを開設
「カラーホルダー」「カラーバーファイル」等、薄口ファイルシリーズを発売
1988 二代目社長玉越善太郎が勲五等瑞宝章を受章
三代目社長に玉越義朗が就任
玉越善太郎は代表取締役会長に就任
1989 川口新倉庫建設工事完了
PP自動加工機導入 新機能見出し(UP DOWN INDEX)を持った「ニューホルダー#700シリーズ」を発売 「証書ホルダー」「紙幣アルバム」発売
1990 札幌オフィスを開設
ハンディタイプの「ネームカードホルダー」発売 薄口ファイルに封筒タイプの「キャリーバッグ」が登場
1991 梅田工場に全自動高周波機械導入
1992 商品センター拡張工事完了
1993 「パーソナルバッグ」「クリアケース」等を発売し、新しい分野の開発が急速に進む
主力商品「マイホルダー#300シリーズ」をデザイン一新
1994 「スライドクリップファイルはさんど~る」発売
1995

新価格シリーズ第1弾、「クリアポケットリフィール」「カラーホルダー」発売
新価格シリーズ第2弾、「マイホルダー#500シリーズ」「Zファイル」「ドキュメントファイル」を発売
全国で店頭活性ワゴンキャンペーンを展開し、好評を得る
ハガキファイルに新サイズ、A5判の「ハガキDEアドレス」を発売

1996 名古屋オフィスを開設
パノラマとEL判が一緒に整理できるフォトアルバム「パノラマギャラリー」を開発
マイホルダーシリーズにバインダータイプの「マイホルダーリング」が登場
1997 四代目社長に玉越進が就任
福岡オフィスを開設
透明カラーの「カラーバークリスタル」を発売。ポケットを固定できる「ドキュメントファイルのび~る」発売
「マイホルダークリスタル」を発売
1998 梅田工場に全自動箔押機導入
新しいスタイルのビジネスバッグ(PP製)を発売 環境問題に取り組み、製品素材の見直しをはかる
リサイクル素材を使用した「マイホルダーエコロジータイプ」を発売
環境への負担が少ない原材料に切り替えが進む
1999 創立90周年を迎える
商品センターの倉庫を拡張
ニューホルダーを環境に配慮したスタイルにモデルチェンジ
2001 「マイホルダー#200」を発売
PP一体成形表紙の「モールドファイル」を発売
2002 鮮やかな表紙カラーの「マイホルダーファイン#800シリーズ」を発売
2003 商品センターの隣接区分取得
2009 創立100周年を迎える  マイホルダーファインシリーズ リニューアル
2010 新素材BFPP(竹素材入りポリプロピレン)を使用した
「バンブークリアポケット・カタログファイル」を発売
2011 kebaエコライト、kebaナノファッションを発売
台東区より「したまちTAITO産業賞」受賞
2015 ファイルの新しい形、「ファイルイットファイル」を発売